講義

イベント成功の鍵は講師選びから│講演内容で依頼する人を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

交渉しながら決める

講師

政治や教育、スポーツなどその道のプロと呼ばれる人たちがいます。その人たちを講師として招き、講演会を開くことは可能です。その際には、直接交渉をするのではなく、専門の会社に依頼をして仲介を行なってもらいます。そうすることでスケジュール調整も行なってもらえますし、依頼費用も適正価格で対応してもらうことが出来ます。もし講師として招くのであれば、どういった講演会の内容にするのかを明確にしてからにしましょう。大学であれば教育や求人、就職に関する人、あるいはアナウンサーなど現在も仕事をしている人を招くと、学生たちにも刺激になります。小学校や中学生などを対象にするならスポーツ選手などを招くといいでしょう。いまは企業向けにマナーに精通した講師に依頼をすることも増えています。こういった形で、講演会を誰に向けて開催するかによっても適切な講師は異なってきます。

誰に依頼をしたらいいのか迷った際、講師を斡旋している専門の会社が対象年齢や対象者ごとに適した講師を紹介してくれることもあるので、まずは相談してみるといいでしょう。もしくは対象地域や講演の料金の上限、講演会のテーマなどから検索することも可能です。地域によっては講師を招く際に交通費が別途必要になることもありますし、予算によって招くことが難しくなるケースもあります。一度メールや電話で相談し、直接会って交渉する中で要望を伝えるようにするといいです。そうすることで、理想の講師を依頼し講演会を成功させることが出来るでしょう。

契約前に確認

演奏

和太鼓の演奏が入ることで、イベントが成功することもあります。そのため演奏依頼をするところが増えていますが、音響や予算、イベント会場の広さなども事前に相談した上で契約を行なっていきましょう。

もっと読む

細かくチェックする

男の人

講師を招いて講演会を開くときには、専門会社に相談しましょう。要望も聞きながら、色々な点を考慮し適切な講師を斡旋してくれるでしょう。依頼するときには、細かい部分まで調整する必要があります。

もっと読む

吟味して依頼する

握手

講演会を開く上で講師依頼は欠かせないですが、その時には依頼する講師と同じく、派遣会社選びもきちんと行なう必要があります。予算について親身になって相談に応じてくれる、細かく説明してくれるようなところに依頼をしましょう。

もっと読む