男性

イベント成功の鍵は講師選びから│講演内容で依頼する人を決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

細かくチェックする

男の人

講演会を開くときには、その講演会の趣旨に適した人を講師として招く必要があります。いまは講師依頼が可能な会社も多いので、提携している講師の数などによって専門会社を選び、そこで依頼を行なっていきましょう。まずはじめは、誰に依頼をしたいのか、またどういった講演会にしたいのかを決めていきます。それが決まれば、講演会を行ないたい日時や参加者の大まかな人数や年齢層、予算などを専門会社に相談します。もし予算と講師の依頼料がマッチする、スケジュール的にも問題ないのであれば、講演講師が決定します。講師が確定したら、本格的な契約へと入っていきます。ですが途中でキャンセルする場合、講師側のスケジュールを空けていたということもあるので、キャンセル料が発生する場合があります。講演会の開催日時や会場がきちんと確定してから、講師の依頼は進めるようにしましょう。

講師の依頼はFAXやメール、電話などで行なっていきますが、専門会社から見積もり書が届くため、それに問題がなければ正式な契約となるので、見積もり書はしっかりと確認するようにしましょう。また契約が完了したから当日まで何もしないというわけではなく、フライヤーなどの告知物があれば前もって専門会社に確認を取る、また待ち合わせ場所や緊急連絡先の確認、講演内容の確認など様々なことを行なう必要があります。講演会を成功させるためにも、専門会社と密に連絡を取り合いながら講演会当日に向けて調整をしていきましょう。